あたりまえ

あたりまえ。


こんな素晴らしいことを
みんなはなぜ喜ばないのでしょう。


あたりまえであることを。







お父さんがいる。

お母さんがいる。




手が二本あって

足が二本ある。



行きたいところへ
自分で歩いてゆける。



手をのばせば
何でも取れる。



音がきこえて声がでる。



こんな幸せはあるでしょうか。






しかし

誰もそれを喜ばない。





あたりまえだ
と笑ってすます。







食事が食べられる。

夜になるとちゃんと眠れ

そしてまた朝が来る。



空気を胸いっぱいに吸える。



笑える。

泣ける。

叫ぶこともできる。


走りまわれる。



みんなあたりまえのこと。






こんなすばらしいことを

みんなは決して喜ばない。





そのありがたさを知っているのは

それを失くした人達だけ。








なぜでしょう。


あたりまえ。
| nakatalupin | - | 21:43 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.onesoul.jp/trackback/1119015